公益財団法人馬事文化財団

» ご寄附のお願い

春季特別展
「安野光雅の世界-歴史絵本に描かれた“名馬面"-」
関連イベントのお知らせ

2017年4月28日

春季特別展の関連イベントとして、下記のとおり開催を予定しております。
安野光雅ファンの皆様、また、ご家族連れの方にもお楽しみいただける企画を用意しておりますので、この機会にぜひ馬の博物館へお越しください。
皆様のご来館をお待ちしております!

ギャラリートーク

島根県・津和野町立安野光雅美術館副館長の齋藤道夫氏をお招きし、展示作品について詳しく解説していただきます。

講 師:
齋藤 道夫 氏(津和野町立安野光雅美術館 副館長)
日 時:
平成29年4月30日(日)11:00~
場 所:
馬の博物館 地下1階 第2・3展示室
定 員:
50名(先着)
※当日の開館(10:00)より整理券を配布予定
参加料:
無料(ただし入館料は必要)

トークショー

安野光雅氏と30年来のご友人で、映画『子ぎつねヘレン』の原作者・竹田津実氏をお招きし、獣医師の視点から馬をはじめとする「動物に見る親子の絆」をテーマに、講演をしていただきます。

講 師:
竹田津 実 氏(獣医師)
日 時:
平成29年5月13日(土)14:00~
場 所:
馬の博物館 地下1階 イベントホール
定 員:
80名(先着)
※当日の13:00より整理券を配布予定
参加料:
無料(ただし入館料は必要)
講師プロフィール:
竹田津 実(たけたづ・みのる)
1937(昭和12)年 大分県に生まれる。岐阜大学農学部獣医学科卒業。1963年、北海道斜里郡小清水町農業共済組合・家畜診療所に獣医として赴任。1966年、キタキツネの生態調査を開始。1972年より、傷ついた野生動物の保護・治療・リハビリに取り組む。1991年、同診療所を退職。以降は、写真家・エッセイストとしても活躍、安野光雅氏とは30年来の間柄で、大の安野ファンを自称している。
主な著書に『子ぎつねヘレンがのこしたもの』(偕成社 ※2006年の映画『子ぎつねヘレン』原作)、野生動物写真集『えぞ王国 写真北海道動物記』(新潮社) など。
竹田津 実 氏
画像提供:安野光雅美術館

ファミリー向けイベント

◎ワークショップ「キミだけの絵本をつくろう!」

オリジナル絵本をつくることができる、お子様向けの手作り絵本講座です。
専門の講師をお招きし、作り方を丁寧に解説いたします。
ご家族でお気軽にご参加ください。

協力
「小さなおやこ絵本館ぴよぴよ」さん
日時
1回目:5月5日(金・祝) 2回目:5月28日(日)
午前の部 受付10:00~11:00 講座11:00~12:00頃
午後の部 受付13:00~14:00 講座14:00~15:00頃
場所
5月5日(金・祝):馬の博物館 屋外スペース(トキノミノル像付近)
5月28日(日):馬の博物館 地下1階 イベントホール
定員
各回30名(先着)※各回受付時間内に会場にて整理券を配布予定
参加料
無料(ただし入館料は必要)
対象
3歳~9歳までのお子様(保護者同伴)

◎「安野光雅氏の絵本」お話会

パネルシアターを通じて、安野光雅氏の絵本を読み聞かせいたします。
歌やピアノなどの生演奏による楽しいひと時をお過ごしください。

協力
「パネルシアター☆わおわお」さん
日時
1回目:5月14日(日) 2回目:5月21日(日)
午前の部 11:30~12:00頃
午後の部 14:30~15:00頃
場所
馬の博物館 地下1階 イベントホール
定員
各回50名(先着)※9歳までのお子様は保護者同伴
※午前の部は開館(10:00)より、午後の部は13:00より、会場にて整理券を配布予定
参加料
無料(ただし入館料は必要)