公益財団法人馬事文化財団

» ご寄附のお願い

館内案内

第3展示室

馬の姿態は、芸術家に様々なインスピレーションを与えた。

これまで多くの芸術家が馬をテーマにした作品を製作してきました。

ある芸術家は競馬場や野に、またある芸術家は牧場に、インスピレーションの場を求めました。

あるがままの馬の姿を写し取ろうとした者。彼らの馬への取り組み方や、描かれた時代は様々です。

彼らの作品に触れることで、芸術家がインスピレーションを感じた時の情景を私たちも思い描く事ができるかもしれません。

●現在は、テーマ展や特別展会場として、年5~6回の展示替えを行っています。

  • 「騎手」 「騎手」 リトグラフ
    アンリ・ド・トゥールズ・ロートレック (1864~1901)
  • 「野生の馬」 「野生の馬」 リトグラフ
    ウジェーヌ・ドラクロワ(1798~1863)
  • 「競馬場」 「競馬場」 リトグラフ
    エドゥアール・マネ(1832~1883)
  • 「前肢を上げる馬」 「前肢を上げる馬」 ブロンズ
    エドガー・ドガ(1834~1917)