公益財団法人馬事文化財団

» ご寄附のお願い

JRA競馬博物館 『馬の学び舎(まなびや) ミュージアム・ホール』

2017年1月6日

このホールでは、等身大の馬像模型の展示、プロジェクター型150インチスクリーンによる馬に関する映像上映のほか、馬や馬事文化に関する各種展示を下記のとおり行います。またホール自体は多目的な設計としており、特定日にはステージを設置したトークショーなど各種イベントを開催します。 「来て、見て、体感。 馬がもっと好きになる。」 新しくなったJRA競馬博物館へ、どうぞお越しください。

【『馬の学び舎(まなびや) ミュージアム・ホール』 写真】

「馬の学び舎」入口
「馬の学び舎」内観

【『馬の学び舎(まなびや) ミュージアム・ホール』 展示物等紹介】

1.馬像模型展示(常設展示)

サラブレッド(競走馬)、ばん馬(ばんえい競馬)、日本在来馬3体の等身大の馬像模型を展示します。
馬種により体の大きさや四肢の太さの違いがあること、などをご覧いただけます。また特定日には騎乗イベントを開催し、実際にその高さを体感していただけます。

等身大馬像模型

2.馬に関する映像上映

『馬の学び舎 ミュージアム・ホール』のリニューアルオープンに併せ、「馬と伝統行事」、「日本在来馬」をテーマとした馬に関する映像作品を新規に22本制作いたしました。これらの映像作品を組み合わせたうえで、150インチスクリーンで上映いたします。

150インチスクリーン

3.馬に関するパネル展示(企画展示)

競馬文化や馬事文化に関する様々なテーマについて、写真やイラストなどを用いながらパネル展示で紹介いたします。

《1月5日(木)からのパネル展示》

「さまざまな競馬のかたち」
中央競馬では見ることのできない特徴ある競馬について紹介
展示の様子
「はにわ馬」
日本の古墳時代を特徴づける「はにわ」の歴史や特徴を紹介
展示の様子
「馬の進化と特徴」
馬の祖先から現代まで進化してきたことについて紹介
展示の様子

4.馬事博物資料の展示

馬の博物館やJRA競馬博物館が所蔵する様々な資料を展示いたします。

《1月5日(木)からの主な展示資料》

郷土玩具(はにわ馬)、竹原古墳出土馬具複製、馬骨模型等

郷土玩具(はにわ馬)
馬の肢骨模型